濱口左官店とは

course_img01
有限会社濱口左官店のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
当社は1933年創業。業歴80年以上を誇る、伝統と歴史ある左官工事の会社です。

一般的にはあまり知られていない「左官」の仕事ですが、戸建て住宅をはじめ、マンションやビルなどの建造物にも幅広く利用されています。

【町屋(まちや)】と呼ばれる、建築物(一般住宅・店舗・オフィスなど)の内壁・外壁などへ「塗り壁」の仕上げ工事を行うこと。
「左官工事」と聞くと一般的には「塗り壁」のイメージを持つ方が多いと思いますが、建築物が多様化してきた現代では、多様な建築にも大きく携わっています。

有限会社濱口左官店では、伊丹市を中心にどちらの業務もお任せいただけます。
一般のお客様はもちろん、工務店様・管理会社様も、左官業務のご依頼・ご相談は当社へご連絡ください。

技術へのこだわり

course_img06
現代建築に合わせ、日々進化を続けている左官工事の技術。
その影で、伝統的な工法を使える職人の数は、次第に少なくなりつつあります。

たとえば古来から用いられてきた、壁の下地を竹で編み、その上に土を塗りつける工法。
これには、伸縮や反りが無く、頑丈な壁をつくれるというメリットがあります。

昔ながらの技術と新しい技術、どちらにも通じていることで、多様な選択肢をご提供できるのが、当社の強み。
様々な工法を使い分け、皆様にとって最適な左官工事を行います。

知識へのこだわり

course_img03
珪藻土や漆喰などの自然素材で作られた塗り壁は、独特の味わいがあり、環境面や健康面にも優れた特性を持っています。
けれどもその一方で、取り扱いが難しく、湿度や気温といった天候によって大きく仕上がりが左右されることも。

専門知識の有無で美観や耐久性に大きな差が出てくるのが、左官工事なのです。
お客様に最良の施工をお届けしたいので、当社では素材が持つ特性を充分に知り、臨機応変に対応できる知識を蓄えることを日々心がけています。
伝統の工法から、現代の暮らしに合わせて生まれた新しい素材まで、専門家としての確かな知識量にこだわります。

施工へのこだわり

course_img04
多様なご要望に的確にお応えできるのは、80年以上に渡る豊富な実績があってこそ。
左官工事のプロフェッショナルである代表が、直接施工を務める当社の工事は、あらゆるところに確かな技が生きています。

例えば、外構・エクステリアにおける、内装の下地づくり。
材料を均等に塗りつけ、高さを揃えなければ、階段の高さが合わなくなったり、装飾に使うタイルの数が足りなくなったり、その後の作業にも様々な弊害が起きてしまいます。

熟練のコテさばきと、研ぎ澄まされた感覚。
長年の経験で得た技術力を頼りに、一つひとつ精度の高い仕事をご提供しています。

伝統へのこだわり

course_img05
左官工事の技術は、現代建築の技術に合わせて日々進化し続けています。

一方、伝統的な工法を伝えることのできる職人の数は、年々減少の一途。
左官職人が見つからないために、伝統的な蔵や土蔵を維持できず、トタン壁などに張り替えるケースも多く見られるようになってきました。

そのような環境の中、当社は伝統の技術と現代の技術、どちらにも精通しており、お客様の多様なご希望にお応えできることを強みとしています。
お客様のご要望に応じて、当社の持つさまざまな技術、工法を使い分け、最適な左官工事をご提供いたします。

▲TOPへ