住宅 【外壁・内壁の塗り替え】

古くから「町屋」と呼ばれ親しまれてきた、住宅における左官工事。
中でも住宅の壁に珪藻土や漆喰を塗りつける「塗り壁」が、今注目を集めています。

その一番の理由は、「身体にやさしい」こと。
水・土・植物など、身近な天然素材を原料とする塗り壁は、ホルムアルデヒドのような科学的な成分を含んでいないため、シックハウス症候群を引き起こす心配がありません。
さらに湿気を吸い込んだり吐き出したりして、お部屋の湿度をコントロールしてくれるため、四季のある日本の風土にぴったり。
他にもカビの発生を抑えたり、嫌なニオイを吸着してくれるなど、様々な機能を備えています。

職人の手仕事によって仕上げられる塗り壁は、デザイン性も豊か。
壁紙にはない立体的な装飾が可能で色味も多様なため、洋風から和風、モダンなど、様々なスタイルのお部屋にマッチします。



塗り壁にするメリット

◎ デザイン性と独特の質感
壁紙と違って、継ぎ目のない美しい仕上がりが特徴です。表面の仕上げ方次第で様々な表情を演出でき、手仕事ならではのあたたかみを感じられるお部屋になります。

◎ 調湿効果がある
表面に無数の小さな穴が開いており、そこから湿気を吸い込んだり、吐き出したりします。夏の蒸し暑さや冬の乾燥を防ぎ、一年を通して過ごしやすい室内環境をつくります。

◎ 身体にやさしく、有害物質を吸着する
科学的な物質を含まないだけでなく、シックハウス症候群の原因であるホルムアルデヒドを吸収し、空気を浄化する働きがあります。中でも珪藻土や備長炭を含んだ壁は、特に高い効果を備えています。

◎ 消臭性が高い
「塗り壁にしてから、消臭剤の使用量が減った」という方も。表面に開いた穴からペットやタバコの気になるニオイを吸いこんで分解し、お部屋の空気をキレイに保ちます。

◎ 防火性に優れている
無機質不燃材である、天然の土や砂を主成分としているため、防火性に優れています。燃えにくい塗り壁でお部屋を仕切ることで、火事の際も火が燃え広がるのを防ぐことができます。



オシャレな外観を楽しむ、外壁としての塗り壁

古くからお城や民家の外壁に使われてきた塗り壁。
明治以降に洋風建築が建つようになると、レンガやコンクリートの下地にモルタルを塗った、新しいスタイルが登場するようになりました。
スパニッシュ調のオシャレな外観はもちろん、サイディングやタイルをアクセントとして組み合わせるなど、様々なデザインを楽しむことができるのが、その特徴。
日差しを遮断する効果があるため、断熱性が高く、また下地材の上に土や漆喰を何層にも塗り重ねるというその構造から、防音性にも優れています。

一覧に戻る

▲TOPへ